チャンピックスで禁煙ができる仕組み

禁煙を成功させる効果が高いことで注目されているチャンピックスですが、「止めたいと思っても止められなかった人」にとって、画期的なお薬と言われており、その秘密はバレニクリン酒石酸塩という有効成分にあります。ここではその成分が、どのような仕組みで禁煙をサポートするのかを解説します。

バレニクリン酒石酸塩は脳へ届き、そこにあるニコチン受容体と結合します。そして、脳内物質ドーパミンを放出させるのです。実はこの仕組みは、ニコチンが及ぼす作用と酷似しています。バレニクリン酒石酸塩はニコチンと構造が似ているため、こうしたことが可能なのです。
通常、タバコを吸えない状態が続くと、脳はドーパミンを欲し始め、それが禁煙のイライラへとつながります。チャンピックスを飲んでおくことで、ニコチン受容体はドーパミンを放出し、脳を満足させることが出来ます。それにより、タバコへの渇望を緩和させるのです。

ここまでの仕組みは、従来禁煙によく用いられていたニコチンパッチ等とよく似ています。しかし、ここからの違いがチャンピックスが画期的といわれる理由です。
ニコチンパッチには名前の通り、ニコチンが含まれています。タバコによって摂取していたニコチンを、パッチによって吸収することで、一時的に脳を満足させ、タバコを我慢できるようサポートするものでした。しかし、脳にとっては同じ成分ですから、ニコチンへの依存そのものには効果がありません。つまり、習慣からくるタバコへの欲求を抑制するものであって、パッチの使用を止めると再び、タバコへの欲求が強まることが多くありました。
チャンピックスにはニコチンは含まれておらず、脳へと届くのはバレニクリン酒石酸塩です。継続して使用することで、脳にとっては「ニコチンを受け取らない期間」が長くなっていきます。そして、長時間ニコチンと結合できなかった受容体は、徐々にその数を減らしていくのです。ニコチン受容体を失えば、脳はドーパミンを味わうことが出来ません。これまで繰り返しニコチンを欲しがっていた脳が、やがてタバコを必要としなくなっていくのです。

タバコが止められない理由は脳にあり、そしてチャンピックスは脳のニコチン中毒そのものを緩和していくことが可能な薬なのです。禁煙には強い意志が必要と言われますが、脳の作用は意志だけはコントロールできません。効果の高い薬を上手く使うことで、禁煙の成功率を飛躍的に高めることが出来るのです。