一酸化炭素の影響を受けた肌を元に戻すチャンピックス

タバコの煙には発がん物質のタールなど100種類上の有害物質が含まれているので、健康に対して悪影響を及ぼすことが広く知られています。また、美容にもマイナスの影響があります。特に、一酸化炭素により血液中の酸素が不足してしまうので、細胞も酸素不足となります。

さらに、これに加えてタバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させる作用があります。これにより、肌に栄養を送り届けることが出来なくなるので、新陳代謝やターンオーバーが上手くいかなくなります。また、これらを行うために必要な栄養素であるビタミンCは、タバコを1本吸うだけで25ミリグラムから100ミリグラムが破壊されると考えられます。ビタミンCは、肌の潤いを保つコラーゲンの生成にも関与しているので、これが破壊されるとコラーゲンが正しく作られないという状況になります。

このように、タバコを吸うと一酸化炭素やニコチンにより、様々な機能が阻害されてしまうので肌の状態は悪化します。しかし、ニコチンには強い中毒性があるので、意志の力だけですっぱりと止めるということは簡単ではありません。しかし、現在ではチャンピックスという禁煙治療薬が開発されているので、意志が弱い人でもタバコを止めることが可能となっています。

チャンピックスは、ニコチンが結合する受容体に代わりにひっつくとともにドーパミンを少量だけ分泌するという内容です。このために、タバコを吸っても美味しく感じないと共に、通常の禁煙の様に禁断症状に見舞われることはありません。既に厚生労働省にも承認されており、禁煙外来を用意している医療機関で処方されています。チャンピックスは肌に対して直接アプローチするわけではありませんが、一酸化炭素やニコチンによる影響を受けなくなるので結果的に改善されることになります。美肌を目指している喫煙者には、特にオススメです。